CAD初心者必見!CADを導入する利点とは

まず始めにCADって何?

CADとは、Computer Aided Design 又は Computer Assisted Design を省略したものです。コンピューターを用いて設計作業を行うことです。以前は設計作業を手書きで行なっていました。しかし現在では、手書きすると面倒な作業をコンピューターによって迅速に正確に行うことがほとんどになりました。

CADの特徴と使うメリットと注意点

では、CADの特徴について紹介します。まず、CADを使った作図は、誰でも簡単にできるというところが特徴です。特別な技術や練習を積む必要はありません。誰が作図しても、同じ線、同じ文字を書くことができます。それに加え、文字や線の修正が容易にできます。消しゴムも必要ないので、消しカスが出ません。しかし、印刷してから訂正箇所が見つかると、CADソフトを立ち上げて修正し、データを保存してからもう一度印刷しなければならないので、少々手間がかかります。さらに、書いた図面の受け渡しもコンピューター間でできます。また、別の特徴として、CADはデータで図面を管理します。データを自由にコピーできるので、修正前と修正後のデータを両方残しておくことも容易です。データを破棄することも容易にできます。間違えてデータを消してしまうと物質的に後に残らないので、注意が必要です。CADを使う際にはデータの管理が重要になってきます。そのほかに、CADを使えば3Dで完成をイメージできるという特徴があります。そのため、完成したものと設計図とのギャップが小さく、出来上がりのシミュレーションが簡単にできます。

電気CADでは、電気工事の配線図面をパソコンを用いて設計することにより、手書きで作業するよりも正確できれいな図面が完成します。また、大幅な時間短縮ができます。