公園?それともお墓?ガーデニング霊園とは

ガーデニング霊園って知ってますか?

墓石の周囲を色とりどりの花で飾るガーデニング霊園。「ガーデニング」という言葉に示されるように、草花を植えたり柵や砂利などを使って墓地に手を加えていくのが特徴です。人の手で演出された緑や草花は訪れる人に明るい印象を与え、お墓というより公園といった方が適しているとさえ思わせるほど。そのため、この環境を維持するため霊園の管理スタッフは花が枯れてないかをチェックしたり、植栽の手入れをこまめに行っています。お墓は本来頻繁に訪れるところではないかもしれませんが、公園であれば気軽に訪れるという人も多いでしょう。お墓参りという目的の他にガーデニングを楽しむことができるスペース、それがガーデニング霊園なのです。

ガーデニング霊園を選ぶポイントは?

では実際に家族のお墓としてガーデニング霊園を選ぶ場合、どういったポイントを抑えておくとよいのでしょうか。この場合「公園」を見るときと同じ視点で見るのがいいかもしれません。たとえば、雑草の手入れがちゃんとされているかどうか、ゴミが放置されていないかといった具合です。管理スタッフがいるとはいえ、メンテナンスの頻度はところにより異なるので実際に自分の目で確かめてみるのがいいでしょう。お墓周りの装飾が品良く整っていたり、季節に合った花が植えられていると、霊園に訪れるのが楽しみになることでしょう。また、お墓には自分だけでなく高齢の親族が訪れる機会も多いと思われるので、バリアフリー設計がされているかどうかも重要なポイントです。

いせやとは、漢字で「伊勢屋」と書き、屋号のひとつです。伊勢の商人に多く用いられ、伊勢の商人には倹約家が多かったことから、けちな人という意味もあります。