墓じまいとは!?その内容とかかる費用を紹介します!

墓じまいとは何か!?

墓じまいとはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、お墓を解体したり、撤去したりすることをいいます。なぜ墓じまいをするのかというと、たとえば、金銭的理由でお墓の維持管理が難しくなることが挙げられます。また、遠い場所にあるときは高齢になってお墓参りが難しくなるケースもあります。他にも、最近ではお墓の継承者がいなくなってしまうことも挙げられます。墓じまいをするには墓地埋葬法で定められた手続きに基づいて行う必要があります。まずは墓地の管理者に連絡して墓じまいの許可を得ます。それから遺骨を取り出します。その後にお墓の閉眼供養を行います。こうしたことが終われば墓地と墓石の解体および撤去作業に入ります。

墓じまいにかかる費用!

墓地と墓石の撤去にかかる費用はその墓地のスペースの広さや墓石の大きさに応じて変わります。大規模なものであればクレーン車などを使う必要もあるからです。基本的には1立方メートルあたり100000円が相場料金です。事前に見積依頼をして確認しておきましょう。また、取り出した遺骨を新たに納骨するには、納骨式を行う僧侶にお布施をする必要があります。その相場費用は100000円から200000円程度です。さらに、墓じまいには行政的手続きも必要です。そうした手間が面倒くさい場合は行政書士に依頼するといいでしょう。その場合の料金は100000円から200000円前後です。このように、墓じまいには全部で300000円から500000円のお金がかかります。

墓じまいの費用は不要になった墓石の処分が多数を占めます。処分の費用は業者によって異なるので、作業を依頼する際は複数の業者を比較して安価な所を選ぶのが支出を低く抑える工夫です。