人に言えないデリケートゾーンの悩み…整形で解決するかも!?

まずは専門家に相談してみましょう

気軽に相談できない「女性器」のことは、人知れず悩んでいる女性も多いもの。大きさや形・色などに不安を抱いていても、他人と比べることはできないため、解決策が見つからないままというケースもあるでしょう。そのことが原因で、恋愛に積極的になれない女性もいるようです。

顔や身体の整形は広く一般に知られていますが、実は女性器も整形が可能。診察から治療まですべてを女性医師が担当するクリニックもあるため、悩みを抱える人は一度相談してみると良いでしょう。女性器を他人に見せるのは、たとえ相手が医師であっても勇気のいることかもしれません。しかし、一歩踏み出すことで悩みが解決し、充実した生活を送れるようになる可能性があります。

女性器整形の方法とは?

女性器整形とひとことで言っても、その治療には悩みに合わせた様々な方法があります。ここではその一部を紹介しましょう。

女性器の悩みで最も多いのが、小陰唇に関する悩み。それに対応した治療法が、小陰唇縮小術です。小陰唇の一部を切除する施術で、形や大きさなどが悩みの人に適しています。また、形状によって炎症やかゆみが発生しやすい人も、この施術によって解決する場合があるようです。

次に多い悩みは、膣のゆるみ。これは出産経験のある女性に特に多い悩みで、パートナーに指摘されて気がつくケースもあります。治療法や効果はクリニックによって様々なので、十分に検討した上で治療法を決めることが大切。ヒアルロン酸や脂肪を注入する切らない施術や膣の入口付近のみの施術、そして括約筋や膣の奥まで処置を施す方法などがあります。

そのほかには大陰唇やクリトリスなどの施術もあり、多くは日帰りが可能です。

女性器整形のメリットはコンプレックスを根本から解決する事ができ、パートナーからの印象が良くなる所です。