知らないと後悔をすることも!?大きく二種類に分けられる包茎手術

包茎手術は一種類だけではない

包茎手術は、皮膚を切除する方法と、切除しない方法とに分かれます。皮膚を切除する場合は、実際にメスを使って切るわけですから、治療が完了するまでには長い時間がかかります。ですが、仕上がりは割ときれいになりますし、基本的にはどんな症状の人にでも使えるものとなります。皮膚を切除しない場合は、治療にかかる時間がかなり短くなるというメリットがありますが、誰にでもできる方法ではない点に注意です。自分にはどちらが合っているのはか、カウンセリングの時点で説明してもらえます。ただ、多くの人が切除する方法を選択している事実があることは知っておきましょう。

皮膚科ででも美容外科ででもしてもらえる

包茎手術は、日本人に最も多いと言われている仮性包茎なら保険適用不可です。ただ、真性包茎やカントン包茎の場合には、保険適用が可になります。皮膚科に行けば、保険を使って手術をしてもらえます。自己負担額は三割になりますから、出費が抑えられるというメリットが生まれます。ただし、美容外科ほどの仕上がりの美しさは得られないというのが通説です。美容外科は、保険適用が不可ですが術後の仕上がりが非常に美しくなると評判です。ですから、予算があるなら美容外科で手術をしてもらうほうが良いという人が多いですね。美容外科での手術も、実はそうお金がかかるものではありません。15万円ほどですから、学生がアルバイトをして稼いだお金でも手術は可能です。一生の問題ですから、仕上がりは美しいに越したことはないでしょう。

高齢者の包茎は加齢による細胞収縮によって陰茎が小さくなることで生じます。余った包皮に汚れが詰まりやすくなるので、こまめに洗浄を行って清潔に保つのが疾患の回避に繋がります。